ROLAND KC-200 ローランド 4CH ミキシングキーボードアンプ

さまざまなシーンで活躍する出力100Wのキーボード・アンプ

 Roland KCシリーズは、圧倒的な高音質を誇るキーボード・アンプです。

 柔軟性の高いミキシング機能と、優れた耐久性により、20年以上にわたり世界中のキーボーディストから絶大な信頼を得ています。

 新KCシリーズでは、従来の高い品質基準を継承しながら、更なる音質の向上と出力アップをはかりました。ステージ上で演奏するキーボード・サウンドを、常に最高の状態で再生することができます。

 KC-200の最大出力は100W、4系統の入力チャンネルを搭載しています。専用AUXインプット、マイクの接続が可能なXLR端子も装備しているので、さまざまな楽器を接続しミキシングすることができます。

 また、新たに開発されたカスタム仕様の30cm(12インチ)ウーファーとツイーターを搭載した2ウェイ・スピーカー・システムと、新設計のパワー・アンプとの相乗効果によりパワフルなフルレンジ・サウンドの再生を実現しました。必要に応じて、サブ・アウト端子からパワード・サブウーファーに接続することで、さらに迫力のある低音域を補完することもできます。

製品特徴

・コンパクトながら100W出力の多機能キーボード・アンプ
・安定したサウンド、低音域のスムーズな再生を実現する、軽量で高効率の新設計のパワー・アンプとユニバーサル電源
・新開発、カスタム仕様の30cm(12インチ)ウーファーとツイーターを搭載
・4系統の入力端子、ステレオAUX入力端子、マスターEQを搭載したミキサー機能
・クリックやガイド・トラックなどをモニターする為の、専用チャンネルを装備
・XLRマイク入力や、ライン出力、サブ・アウトなどの柔軟な入出力端子を搭載
・高い耐久性を確保した金属製ジャック

仕様概要

定格出力:100W

規定入力レベル(1kHz):

 CH1(XLRタイプ、MIC/LINE):-50~-20dBu

 CH2(LINE):-20dBu

 CH3(LINE):-20dBu

 CH4(MONITOR):-20dBu

 AUX IN(L、R、STEREO):-10dBu

規定出力レベル:

 LINE OUT:+4dBu

 SUB OUT:+4dBu

スピーカー:30cmウーファー×1、ツィーター×1

接続端子:

 CH1端子:XLRタイプ

 CH1(MIC/LINE)端子:標準タイプ

 CH2(LINE)端子:標準タイプ

 CH3(LINE)端子:標準タイプ

 CH4(MONITOR)端子:標準タイプ

 AUX IN(L、R)端子:RCAピンタイプ

 AUX IN(STEREO)端子:ステレオ・ミニ・タイプ

 LINE OUT端子:標準タイプ

 SUB OUT端子:標準タイプ

 PHONES端子:ステレオ標準タイプ(音声はモノ出力)

電源:AC100V(50/60Hz)

消費電力:70W

付属品:取扱説明書、保証書、ローランド ユーザー登録カード

別売品:スピーカー・スタンド(ST-A95)

サイズ:幅480×奥行295×高さ435(mm)

重量:15kg

※0 dBu = 0.775 Vrms

関連タグ:ローランド KC-150 KC-350 KC-80 KC-400

仕様詳細・対応動作要件は、本製品メーカーサイト情報をご参照の上、お買い求めください。

人気新品入荷 ROLAND KC-200 ミキシングキーボードアンプ 4CH ローランド-その他

人気新品入荷 ROLAND KC-200 ミキシングキーボードアンプ 4CH ローランド-その他

Copyright © 人気新品入荷 ROLAND KC-200 ミキシングキーボードアンプ 4CH ローランド-その他 All Rights Reserved.